プロフィール

Author:月夜野
ご訪問ありがとうございます。
Link & unlink freeです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR

木漏れ日



あじさいの頃 (7)



緑芽吹く山の奥へ

密やかに足を踏み入れる

そこは・・・

そうっと触れるだけの

姿無き風が優しく流れる場所

鳥の鳴き声

揺れる木々のささやき

葉の吐息・・・

光の鼓動・・・

どこまでも

深く沁み渡る心地

肌の隅々から体の奥へ

溢れ巡るぬくもり

数多の命の抱擁

溶け合い満ちてゆく

心の喜び



あじさいの頃 (6)




あじさい (10)




あじさい (1)





テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

種の雫


20140525 2



20140525 3



シャボン玉と似ているね

 けど・・・

空へはまだ

帰らない

向かう先は大地へ

ひとしずく

ひとしずく

想いを添えて

今は 

夢を蒔こう



20140525 1



20140525 4



20140525 6




雫の写真ばかり続いています・・・
つい、目がいってしまうのですが

近頃、本当に好きなものが何か
自分でシンプルに解ってきました。

真っ直ぐ 見つめていこう

そんな風に感じる最近です。

せっかく与えて頂いた 人生の時間。
大切にしていきたいです。





テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

世界は広く美しい



空の青

雲の白

海の青

波の白


それぞれの世界

それぞれの形

どれも美しくて

美しさは

優しさかもしれない

この世の大きな存在達が

 美しくて

 心救われる・・・



テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

オダマキ




おだまき




葉から零れる

潤いひとつ

零れ落ちませんように・・・と

思わず抱きしめてしまう程の

ピュアな想い

愛おしく



おだまき1



オダマキが咲き出しました。

親指の先程の、小さな小さな花でした。
鉢植えでそのまま株を持ち越すと、咲かない年もあるようで・・・
昨年は葉のまま。

花も小さめですが、それでも咲いてくれると嬉しいです。



おだまきと雫



水をあげてしばらくすると・・・

ゆっくりゆっくりですが
茎や葉が空へ背筋?を伸ばし始めます。

日に日に陽射しの暑さが増してきているので
気持ちいいのかな。。。



枝と雫






テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真



 風と時間が重なる・・・

形の無い

それぞれの流れが

重なりひとつに溶け合い

追い風が生まれる

 そして・・・

心は動き始める


形の無いもの達が

 呼応して・・・

ようやく

過去から未来へ

解放されていく






テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

存在価値



 好き・・・ 

 嫌い・・・

それぞれの嗜好は 

自分以外の

数多の存在の

 価値を決められる程・・・

大層なものに

ならずにいて欲しい






テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

夢で会いましょう

 あなたはもう・・・ 

覚えていないのかもしれない

ささやかな約束

真っ白な世界でなくても

 どこでも・・・

いいのかもしれない 


 あなたの声を聞きながら・・・

あなたの心を感じたい

自然のぬくもりのように

 あなたを包みたい・・・




テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

波のように


ちゅーりっぷ3



揺れる柔らかな花びらが

ゆらりゆらり波のよう

 うとうと と・・・

微睡みながらしばしの休息


夢の中

ふわりとあなたの声が

 聞こえたような気がして・・・



チューリップと雨1





ちゅーりっぷ





チューリップと雨2





ちゅーりっぷ6



 連休も半分終わり・・・

忙しさもようやくひと段落。。

ようやく明日、休日らしい休日を過ごせそう。

今夜は花びらに包まれて・・・ 

ぐっすり眠れそう。

親指姫の夢が見れるかな(笑)






テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真