プロフィール

月夜野

Author:月夜野
ご訪問ありがとうございます。
Link & unlink freeです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会



この世で

 一番最初に出会った・・・

『命』

私が形となった時から

今までずっと

これからもずっと 

嬉しい時も泣きたい時も

 一緒ね・・・

あなたの生きる力によって

今私の心は存在していられるの

変わらずに添いて

明日へ導くあなた


どれ程支えられているのでしょう


いつか来る別れの時まで

あなたの鼓動に

耳を澄まし続けよう


苦しみも喜びも

 過去も未来もまるごと・・・

生きることが 

出会えた命が 

愛おしい 



スポンサーサイト

テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

あなたらしさ



影




あなたの光・・・

あなたの影・・・

彩があっても無くても

どちらであっても

 あなたはあなた・・・




庭の片隅4





ぬくもり

鼓動

あなたの纏う全てのものが

あたたかくて・・・

言葉にならない声が

優し過ぎて・・・


休みたくなったら

一緒に

深呼吸をしよう




テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

森の中

森の中4




伸びやかな鳥の声

空へと向かい遠のいて

木陰の岩肌より流れる

澄んだ水のささやき

風に舞う陽射しに包まれて

命の微笑み溢れる

ここは・・・

静かな静かな

森の陽だまり




森の中





森の中1





森の中2





森の中3




こうして地面に近づくと・・・

改めて色々な命の存在を再確認します。


ん・・・ この草、ふかふかかしら?

三つ葉やどんぐりと一緒に寝転がって・・・

流れる雲や風に揺れる木々を見ていたい。

きっと 至福の時ね(笑)




テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

流星群

 今夜は・・・ 

琴座流星群

数多の星は雨雲の向こう

  何も見えなくて・・・

どこまでも深まる黒の空

せめて

 夢を見れたなら・・・


心の空に流れる

あたたかな流星群

 いつか・・・

あなたの空にも

私の空にも

同じ星が流れる日を

 夢見て・・・




テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

切磋琢磨




誰かに変化を求めるより

自身が変化していく方が

  どれだけ楽なことだろうかと・・・

時の神と愛の女神が微笑んだ

空と大地の

光と風の

想いと祈りを込めて





テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

 

 信じられること・・・

 信じてもらえること・・・

言葉にしなくても

互いに伝わり

感じ合えてしまうのかもしれない


ふたつの心の呼吸が重なり

過去と未来の時間を超え

 弱さも悲しみも・・・

 辛さも怒りさえも・・・

ひとつになった

想いの熱に溶かされて

解かれる心の鎖


互いの生き様が

感じ合う瞬間


テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

花びら一枚



チューリップ4




薄い花びら一枚

絹のようなしなやかさと

水をも弾く強さ

ふわりと息遣いが

聞こえてきそう


小さな薄い花びら一枚

凛として

生きる姿




チューリップ 芽2




チューリップ




チューリップ (2)




ようやく埋めた球根が、花を咲かせてくれました。

八重咲きのものだったかしら・・・?
思っていた丸い花びらではなく、ちょっとギザギザ・・・
買った時の写真のものと違ったような。。。
これも出会い?よね(笑)

しばし眺めて過ごす時間は、感動も驚きもあり、どこまでも
穏やかさに包まれるようで。


しなやかに おおらかに 強く あなたのように在りたい






テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

光華


静かに揺れる波間

満ちる月より生まれた数多の光

漆黒の海に降り注ぐ輝く雫

波に溢れる月の光を

手のひらで掬い見つめる


いつしか輝きは消えて・・・

心に残るぬくもりへ



テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

AM 5:15

314.jpg



まだ・・・ 夜は明けず

車の音もなく
鳥の声もなく
並ぶ家も静まり返り

ただ 風の音だけ

夜が一番深い 時

眠りも深く 深く

昨日から今日へ繋ぐ深き時

心も体も 

穏やかな眠りへ導かれ


みんな あたたかな夢に包まれますように




続きを読む

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

桜吹雪




言葉を忘れてしまう程の笑顔

言葉の意味が消えてしまう程の優しさ

 それはまるで・・・

舞い散る桜の花びらに 

包まれるような心地




テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。