プロフィール

月夜野

Author:月夜野
ご訪問ありがとうございます。
Link & unlink freeです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR

水の中



魚




まるで水の中にいるような錯覚

けして交わらない世界

時間がゆらりと水に揺られ

消えていく・・・

人であることを忘れてしまいそう

音の無い穏やかな心地

 もう少しだけ束の間の休息を・・・





えい






海月








3140海月

  

   ゆらりゆらり・・・ 

海月もエイも泳ぐ姿が

ゆったりとしていてとても癒されます。

忙しい時こそ心の海は

ゆったりしていたい。






テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

心に咲く・・・

暖か過ぎることもなく

寒過ぎることもなく

僅かな降る音さえも

 いつしか消えて・・・

開きかけの桜の花びらを

静かに撫でる春の夜の雨

家路を急ぐ足音は消え

 足跡も消え・・・

季節を刻む雨だけが私を包む

濡れた桜の花びらに指を伸ばせば

桜色に染まる雨が

冬に凍えた指先を優しく伝う


ひと目 会いたかった・・・


あなたが見つめた桜

あなたが愛した優しき風景







テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

産声



雪が解けた後

 そこには何があるのかしら・・・

形のない言霊

 きっと・・・

寒さに凍える冬を

いくつ越えても変わらない

あなたの生きる想い





テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

彼方



同じ春の始まりの夜空の下

同じ今を生きる人

  生きる時間の速度は人それぞれ・・・


あまりにも早過ぎる あなたの速度


  いつになったら私は・・・
 
あなたの速度に

  追いつけるのかしら・・・




テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

微睡み


夕暮れ

 


 あなたから伝うもの・・・

私にも理由はわからない

 ただただ・・・

無言のあなたの想いに

包まれる心地が

たまらなくやすらぐのです



テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

違和感



感情的に伝えることと

厳しく伝えることは

全く違うもの・・・






テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

終わりと始まり




140308_2.jpg




真冬に咲くサクラ

春が訪れる頃には

 あなたはもう いない・・・

今夜は春の嵐

雨風に打たれる中

 今 何を想うのでしょう・・・




140308_3.jpg




140308_1.jpg




花咲くことだけが
 あなたの命でも全てでもないと・・・

 私は知っている・・・








 どの季節も変わらず

 傍にいるわ・・・





テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

偲ぶ

 風が止み・・・

空気が静かに眠り始める

空と大地に隔てられても

 想いは変わらない・・・


数多の星の瞬きに灯されて

月の輝きに導かれ

迷うことなく

 光の想いとなって・・・

今宵愛しき人へ降り注ぐ




テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

休息



 傷が・・・

深ければ深い程

 痛みが言葉を消していく・・・

深海の静けさに包まれて

水面に溶ける

 光夢見て・・・






テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

雪割草と苔

140303 空 (2)



夕刻、仕事を終え駐車場まで来たところ・・・
青空が綺麗だったので携帯で撮ってみました。

職場の周りは山なのですが、
最近窓から見える山肌の色づきが
あちらこちらで薄ら色づいてきて・・・

見に行きたくて、ちょっと気になる最近。



140303 空



もうじき春・・・
蕾はふっくらし始め、鳥の声がたくさん聞こえます。

数日前に、職場の駐車場に向かう途中
日陰になっている階段の隅で、胸が高鳴るものと出会いました。



IMG_0126 (518x389)



苔・・・
ふさふさ艶やかで・・・寝転がったら気持ち良さそう(笑)

雪割草と植えたくて探していたけれど、雪が続き
なかなか見かけなかったので良かった^^

ただ・・・
うずくまってモゾモゾしている姿は、きっと怪しげ。




IMG_0157 (518x389)




苗がだいぶ育ってしまいましたが、
手のひらサイズの鉢でコンパクトに。
一緒に植える草花は、半日陰を好むものを選びます。

次は・・・ 大きい苔玉を作ってみたい。。




テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真