プロフィール

月夜野

Author:月夜野
ご訪問ありがとうございます。
Link & unlink freeです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR

何処かにいるあなたへ



冬


静かな冬の夕暮れ 
 今日もじき終わり・・・ 

あなたはどんな一日を送ったかしら?

冬空の下・・・ 何を想う?

あなたの見つめる風景が
 好きです・・・


テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

何処に・・・


目の前に広がる
たくさんの形
溢れる人の流れ

 あなたが見えない・・・
 どこにも見えない・・・

 なのに・・・
形も人も越えて

鼓動が伝う
こだまする優しき声
包まれるぬくもり

見えないあなたが
 心に沁みる・・・



テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

冬の営み

冬の風は大地へいざない
冬の空は眠りへといざなう

最後のひと葉を見届けた木々達が
かじかんだ時の流れに
静かに身を委ね始める

   春夏秋・・・
そしてようやく眠れる季節

冬のぬくもり溢れる大地に抱かれ
強く深く育まれる根は
そう遠くない春の夢を
見ているのかもしれない

冬の想いはとてもあたたか・・・

お疲れ様
また春にね

 おやすみなさい

テーマ:
ジャンル:小説・文学

遠すぎて

あなたは変わらない
あなたの心の温かさは
穏やかなまま・・・

いつまであなたの場所へ
行けるのかしら・・・

いつまであなたはそこに
居てくれるのでしょうか・・・

ふっとそんなことを思い
何故だかとても・・・
淋しくなってしまう

このまま・・・
どうか時間よ
止まれ











同じ言葉でも
人の数だけ
  感じ方の違いが生まれ・・・

使う場面の数だけ
  また違う感じ方が生まれる・・・

言葉に命を吹き込むのは
あなたの生き様

テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

迷い道


『木を見て森を見ず』

ひとつを
見つめていられることは
幸せなこと

それだけしか
目に入らないことは
幸せなこと

けれど遅かれ早かれ
ひとつのものにも
無数の繋がりによって
生きていることを知るでしょう

その時繋がり全てを
受け止められるでしょうか

全ての中で生まれる
喜びも苦しみも矛盾も
線引きをすることなく
愛せるでしょうか

木を見ても
森を見ても
変わらぬ想いを
持ち続けたい




テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

今の中の永遠

静かな冬の夜
  世の中の宴は終焉を迎え・・・
今日も昨日も明日さえも
消えてしまったような
  静かな静かな・・・
冬の夜

溢れるかえる感情の濁流も
カードゲームのような
裏表飛び交う言葉も

どこまでも続く
欲望よりも深く
想いよりも強く
心よりも優しき
  静けさの夜に消えて・・・

今日の終わりは螺旋となり
永遠への旅の始まりに
喜び包まれていく

  行き先は・・・
私の中の命のぬくもりに
  聞いてみよう・・・

テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

月灯り

 細く細く・・・ 
今にも折れてしまいそうな
ささやかな光

 輝きの強さでもなく・・・
 光の大きさでもなく・・・

満ちゆく先への
あなたの想い
太陽の想い
見えない繋がり
感じ合うぬくもり

 ささやかな・・・
 ささやかだけど・・・
喜び溢れる
産まれたての光

心に届く命の輝き

今日の全てを
安らぎへと誘う
あたたかなあなた

満ちるその時まで
そのぬくもり
  夜毎抱きしめて・・・



テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学

新生


これから
明日
未来 

その言葉が
私の中から
  孤独に消えていく・・・

あなたの今日を 想う
 精一杯・・・
 今日だけを・・・

そして夜が訪れ
私も想いも
尽きてしまえたら

想い残すことは
  何もなくなるのかしら・・・



テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学